ニュース

国際ロータリー2560地区大会に参加いたしました

2018.11.12

薄曇りのお天気の中、国際ロータリー第2560地区2018-2019年度地区大会に参加いたしました。
午前7時30分にホテルハイマートの駐車場に集合し、当クラブからは24名が出席して一路三条市に出発しました。

会場となった燕三条地場産業振興センターは、北陸自動車道三条燕インターの直ぐ傍にあり、上越新幹線燕三条駅も目の前という好立地の場所にあって、ものづくりの街燕三条ならではの工業製品がセンター内の売り場にたくさん並び販売されていました。

地区大会は10日(土)、11日(日)の2日間の日程で、初日が会長、幹事、地区役員・委員が参加する地区指導者育成セミナーが行われ、2日目は2560地区内の56クラブ1000名以上のロータリアンが出席して本会議が盛会に開催されました。

11日は9時30分から本会議(午前の部)が開かれ、来賓に新潟県知事の代理で高井副知事、三条市の國定市長、三条商工会議の兼古会頭が出席されました。
RI会長代理の石黒様からは、RI会長のメッセージの披露や理事会の報告があり、今後のロータリーの方向性など、とても勉強になりました。その後、大会委員会報告や決議案の採択、各種表彰が行われました。

13時からは本会議(午後の部)が開かれ、最初に「ロータリーと東京2020大会レガシー」と題された水野正人様(ミズノ株式会社相談役会長)の記念講演が行われました。
水野様は、東京ロータリークラブに所属され、元東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会CEOを務められ招致活動にご尽力されました。ロータリー歴も長く、ロータリーが目指す奉仕について分かり易く説明され、演題がどの様なものになるのか興味津々でしたが、素晴らしいお話に引き付けられたまま1時間の講演があっという間に過ぎました。
活動報告では、青少年交換短期派遣学生を代表して池亀達矢さんが素晴らしい発表をされました。1000人を目の前にして堂々と発表する姿は圧巻でした。
最後に、次期開催地の紹介では大谷ガバナーエレクトのご挨拶や高田ロータリークラブを中心に第7分区のクラブが協力して行うことをメッセージにしたDVDが紹介され、高田ロータリークラブの皆様と7分区の会長、幹事が壇上に上がり(当クラブの宮田会長と高橋幹事も登壇)胸が熱くなる感動的なセレモニーでした。

15時50分から始まったロータリー親睦交流会は、日本音楽集団の邦楽演奏から始まり和楽器の美しい音色に癒されたのちに大交流会となりました。
長時間におよび大会を設営された三条ロータリークラブの皆様には心から感謝申し上げます。

開会前の会場の様子

大勢のロータリアンが参加した地区大会

関川地区幹事より開会宣言

宮下ガバナー補佐が第7分区の参加クラブを紹介

ガバナー挨拶をする新保副ガバナー

RI会長代理の石黒様がRI会長のメッセージを披露

RI会長賞の表彰を受ける高田東ロータリークラブ宮嵜会長

ガバナー賞会員増強表彰個人表彰に当クラブの秋山パスト会長が受賞

ガバナー賞クラブ表彰のMyRotary登録者部門に当クラブが第3位に入賞

水野正人様の記念講演

池亀達矢さんの活動報告

次期開催地の紹介で高田ロータリークラブ牧野会長が代表挨拶をされDVDを放映