会長メッセージ

クラブと地区の変革をめざそう

2018-2019 年度
国際ロータリ ー 第 2560 地区第 7 分区
越後春日山ロータリ ークラブ会長
宮田 真

クラブ運営方針

 現在、当クラブは新入会員の増加により約50名もの会員がいらっしゃいます、そして間もなく25年という節目もやって参ります。そこで今年の第2560地区川瀬康裕ガバナーの「自らのロータリーストーリーをつくりましょう」に基づき、まずは当クラブの歴史や諸先輩方が築き上げられてきた実績や人脈を再確認し、みなさんでこれからの「越後春日山ロータリークラブストーリ」を作るスタートラインに出来たらと考えております。
 それは、今年の会長幹事が共に40代という若輩が、重大かつ光栄な立場にさせていただくにあたり叱咤激励を方々から頂戴いたしました。そこで、前を見るばかりでなく、もう一度原点を見直し今、色々な方々のご苦労があってこそだと感じたからです。
 しかし世界、地域社会への貢献も忘れずに、ポリオ撲滅につづく問題とされている認知症問題の理解を深め、そして広めて行けたらと思います。義の塩作りを始め公共イメージをアップできる情報を率先して発信できるよう検討してまいります。
 今年度は米山奨学生の趙嘉鈺氏をお迎えしますし、地区委員会へ2名の会員が出向をいたします。クラブの皆様のご協力をよろしくお願い致します。

活動目標

  • 会員の維持と増員を図る
  • 各委員会の理解を深め委員会毎の自立を図る
  • ロータリー認知度の向上を図る
  • 奉仕活動の充実化
  • 寄付活動の活性化