委員会の運営方針と事業計画

※ ◎印は委員長 ◯印は副委員長

S.A.A

 ◎佐藤 明郎 ◯河野 元彦 ◯藤田 明仁 ◯酒井 正子

運営方針

 田辺会長の方針である『一人一人がロータリーを楽しもうとする努力、無秩序な楽しさではなく一定のモラル、責務の上に許される楽しさ』を実現するように気品と風紀を守ることを喚起しながら親睦に満ち溢れた例会、その他会合運営に努めたい所存です。

事業計画

1.バッチの着用、私語を慎む、携帯電話のマナーモード等、会が円滑に進めるよう配慮していただく雰囲気の醸造に努めます
2.ゲスト、ビジターを迎えるにあたり、クラブ全体で歓迎の意を表し、当クラブの認知地位向上に寄与できるように努めます
3.例会時の席をアトランダムに指定する等をして、固定化を排し全会員同士が交流を深められるように配慮することを月に1回行いたいと思います

クラブ奉仕委員会

 ◎ 高橋 雄司 ◯佐藤 隆義

運営方針

 大谷ガバナーの「つながる」と田辺会長の「楽しさ」を受けて、会員とのつながりの強化、小委員会同士の連携、他の委員会との連携を強化し、会員にロータリーの楽しさを周知していけるようにし、また、マスコミ等に積極的にアピールして会員外にもロータリークラブの活動を理解、賛同してもらえる周知活動を推進する。
 大谷ガバナー年度=7分区全体がつながる機会となるので、他クラブとの交流を推進する。

事業計画

1.小委員会の連携と他の委員会との連携=会員全体でどんな活動をしているのか周知していく
2.クラブの活動を積極的にマスコミ等を活用してアピールする

職業分類・会員選考・会員増強委員会

 ◎ 秋山 政一 ◯長谷川 寿子

運営方針

第7分区で一番楽しい活力のあるクラブを目指し入会するのであれば「越後春日山ロータリークラブ」へと言われるよう努力する。

事業計画

1.5%の優れた資質の会員増強を図ります
2.クラブ会員基盤の発展に向けた長期戦略を立てます
3.会員増強月間には増強の重要性を全会員に周知していただけるよう広く呼びかけると共に、新会員推薦の依頼に努めます
4.クラブの充実・活性化を図り、他の委員会と協力して退会防止に努めます

ロータリー情報委員会

 ◎ 日馬 大成 ◯宮田 真

運営方針

 クラブ運営方針の「楽しさの意味」を大切にしながら、国際ロータリー変革年、初年度の革新的活動をクラブに伝達し、ロータリーの魅力を全員に感じてもらい、積極的な参加を促すようにする。

事業計画

1.ザ・ロータリアンの情報を紹介する(会員向け)
2.ロータリーの友の情報を紹介する(会員向け)
3.2560地区のホームページに、クラブの活動を紹介する(2560地区会員向け)

出席・親睦・プログラム委員会

 ◎ 山崎 知夫 ◯清水 剛

運営方針

 会員の皆様が、毎週の例会を楽しく出席して頂けるよう会員一人一人と明るく笑顔で話をして、出席率UPと会の運営をスムーズに行うよう努めます。

事業計画

1.S.A.A委員会と協力し例会のスムーズな運営
2.例会の出席率向上
3.会員同士の親睦を深めるためにイベント・夜例会を楽しい会に盛り上げ、皆様が「笑顔」になるように努めます

クラブ会報・雑誌・広報委員会

 ◎ 小林 岳夫 ◯荒井 浩司

運営方針

 我がクラブの「楽しさ」を中心に奉仕活動を外部に向けて発信していきます。認知度向上と新規会員への促進に努めます。
 会報、HP、SNSを利用し内部、外部に向けて「楽しさ」を共有し会員の維持に努めます。

事業計画

1.HP、SNSを利用した活動報告
2.会員のお仕事紹介(フェイスブックを活用)

職業奉仕委員会

 ◎ 水嶋 光彦 ◯大嶋 浩文

運営方針

 今年度、地区職業奉仕大嶋委員長の活動方針にある「四つのテスト」の理解を深める活動を推進していきます。
 また、春日山周辺で清掃などを実施し、アクティブなロータリークラブとして地域社会から認知してもらえる活動を行いたいと思います。

事業計画

1.大嶋地区職業奉仕委員長による卓話の実施
  (地区協セッションでの内容)
2.委員会活動の時間で、四つのテストについて意見交換
  (各々の考え方や自社について)
3.春日山地域でゴミ拾いなどの貢献活動を実施
  ※当クラブの冠である春日山での地域貢献活動を実施したい
  (ロータリークラブは寄付はするが、汗をかかないといったイメージがあるので払拭したい)
   結果、公共イメージの向上にもつながる

社会奉仕委員会

 ◎ 石原 博 ◯松田 直樹

運営方針

 本年は田辺会長の「楽しさ」を重視した活動をしつつ、義の塩づくりを年々拡大していきたく、各小学校や広報メディアに広めていくつもりです。
 桜の木の手入れについても、草刈り以外にも桜を大きくする作業を増やしていきたいです。

事業計画

1.義の塩づくり
2.桜の木の手入れ
3.プロバスクラブとの親睦

青少年奉仕・環境保全委員会

 ◎ 佐藤 隆義 ◯池亀 孝一

運営方針

 大谷年度では、青少年奉仕に力を入れていきたいとの考えを踏まえて、当委員会ではライラ研修への積極的な参加をしていきたい。また、海外交換学生を募り青少年の育成に協力していきたい。

事業計画

1.ライラ研修への参加者を3名程度確保したい
2.海外交換学生の参加者の募集を協力
3.危機管理に対する勉強会を開催し理解を深める

国際奉仕委員会

 ◎ 白石 絵里 ◯馬場 兼一

運営方針

クラブテーマ~「楽しさ」を追求しよう!~に基づき、国際交流のハードルを下げる目的で、今期は上越市内で暮らす他国籍の方と交流できるイベント(パーティーや卓話など)を企画し、実施いたします。また、フィリピン医療ボランティア:ハローアルソンへの歯ブラシ提供を継続してまいります。

事業計画

1.地域社会の奉仕活動等に、積極的に企画を含め協力し参加する
2.地域クラブ、友好クラブとの交流をさらに深め、上記1の活動を模索し、奉仕、親善、友情を深める
3.地域で活躍する国際交流を目的とした団体とコンタクトを取り、運営方針に則ったイベントを企画し開催する
4.ハローアルソンへの歯ブラシの提供

ロータリー財団委員会

 ◎ 峯村 正文 ◯内山 勇人

運営方針

 ロータリーでは、社会生活の成功と幸福は「他人に対する思いやりと他人を手助けする事にあるとしています。」この手助け精神を大切にし、寄付活動がそのまま越後春日山RCの「らしさ」に繋がるように工夫します。
 ロータリー財団は、世界平和が目的でもあります。
 大谷ガバナーの「楽しいロータリーでつながろう」を一人一人深く理解するように提案します。田辺会長は「楽しさ」を追求し、クラブの成長を促されました。楽しさと成長を追求いたします。

事業計画

1.ロータリー財団の活動の紹介を周知しながら地域の夢や未来を考える
2.ポリオプラスなどの使途指定寄付、使途指定しない年次基金の寄付額の水準は保持する
3.日本にも寄付文化が根付くように会員相互の交流を図り、お互いが学び合う活動。超高齢化社会の課題を掘り起こし、学びながら地域に知識を広める活動を通年プロジェクトとして立ち上げる
  仮称「るんるん♪下り坂プロジェクト」

米山奨学委員会

 ◎ 宮原 吉広 ◯荒川 憲彦

運営方針

 米山記念奨学事業の事業概要、事業使命を十分理解することを重視しながら、同事業の財源となるロータリアンからの積極的寄付活動の推進を図る。
 ロータリアンとして、この事業への取り組み姿勢について見直すべき課題を明らかにし、全会員が共通の認識を持てるよう活動する。

事業計画

1.米山梅吉記念館訪問研修や机上学習で制度の歴史、仕組みを学ぶ
2.米山留学生との交流の場を設け、具体的活動に触れ寄付活動への動機付けを図る
3.2560地区の同事業への考え方を理解したうえで、越後春日山RCクラブ内での寄付金目標を設定、実行し当クラブの同事業への貢献度を向上させる