ニュース

認知症サポーター養成講座と第34回例会が開催されました

2019.02.22

国際ロータリー第2560地区の広瀬ガバナーの年度方針にあります「認知症に優しい社会と、認知症予防のできる街づくりについて学ぶ」のテーマについて、2月21日(木)の当クラブの例会日と同じ日にホテルハイマートを会場にして認知症サポーター養成講座を開催いたしました。

講師には、社団福祉法人えちご府中会の3名の方よりお越しいただき、ご講義いただきました。
上越市の人口推計では2025年の高齢化率(65歳以上)が33.6%と、まさに上越市の人口の3人に1人が高齢者になるそうです。

高齢化は日本の社会的問題となっていますが、合わせて認知症の数も年々増加傾向にあります。
上越市では2025年の認知症高齢者数は10,104人と、65歳以上に占める割合が16.5%にも及ぶそうです。

避けては通れない認知症に対して、今回のセミナーでは認知症の方とのかかわり方について詳しく説明を聞くことができました。

講師のえちご府中会の川瀬様(左)、齋藤様(中央)、石田様(右)

質疑応答で発言する峯村パスト会長

第34回例会

養成講座終了後に、ホテルハイマートの例会場にて通常通り例会が行われました。
宮田会長の挨拶で、セミナーに出席できなかった会員に向けて、認知症サポート養成講座について説明や感想がありました。

本日のセレモニー

誕生日

会員誕生日は、荒井会員と山嵜会員でした。
ご夫人誕生日は、池亀会員の奥様でした。

おめでとうございます!!

※右の写真は荒井会員

山嵜会員

池亀会員

謙信出陣の斉唱

本日はミリオンダラーミールの日であり、当クラブの持ち歌であります「謙信出陣」を斉唱いたしました。

『謙信出陣』
一、春日山吹く 風に聞く
  あああ 謙信の胸の内
  秋の満月 身に浴びて
  いざ出陣の 太刀を取る
二、昇る 藁谷の細煙
  あああ 謙信の目に涙
  我も人の子 人並に
  母の笑顔が なつかしい
三、川中島の 朝霧に
  あああ 謙信の駒の音
  夢をつかんで 風を巻き
  目指す 遥かな 京の空

卓話フォーラム

臨時クラブ総会

当クラブの会員同士の親睦や活性化を目的とする同好会の設立について協議しました。