ニュース

第22回例会が開催されました

2018.11.30

11月29日(木)は「いい肉の日」でお肉屋さんにとっては書き入れ時のようです。
当クラブの精肉業を営む会員も、忙しい合間を縫っての出席でした。
師走を目の前にした29日(木)に、第22回例会が開催されました。

国際ロータリー第2560地区のロータリー財団委員である中川雄一郎様(直江津RC所属)がお越しくださり、当クラブにEnd Polio Now(エンド・ポリオ・ナウ)の表彰状を贈呈していただきました。
ロータリークラブの大きな使命であります奉仕の理想に沿った、寄付行為について地区や第7分区の状況についてご説明をいただきました。
寄付する仕組みは各クラブにより様々なようで、事例を交えながら勉強をさせていただきました。
当クラブからも、宮崎朋子会員が地区のロータリー財団委員として参加しており、当月はロータリー財団月間でもあり、地区委員が第7分区の各クラブを訪問し啓蒙活動を行っています。
私たちロータリアンは、ロータリー財団の仕組みや取り組みを、まずはしっかりと理解し、出来ることから始めて行くことがとても大切であると学ばせていただきました。

ロータリー財団は、ロータリアンが健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすることを目的とし、世界のロータリアンの寄付を募り、それを活用して発展途上国にきれいな水をもたらし、平和活動に携わる人材を育成するなど、世界中で持続可能な影響をもたらす活動を行っています。ポリオ撲滅活動においても、予防接種活動を通じて発症数を世界で99.9%減少させてきたなど、素晴らしい実績があります。<ロータリー財団のWEBサイトより抜粋>

中川様からはロータリ財団の活動や実績などが紹介された

宮崎朋子会員からは第7分区での啓蒙活動などが紹介された